バックテストの成績が良いのに実戦で勝てない理由

MT4を利用する場合、バックテストは必ずやっておくべき作業になります。しかし、バックテストを行えば必ず勝てるようになるというわけではありません。バックテストの結果が非常に良かったにも関わらず実戦ではまったく結果を出せなかったという話は珍しい話ではありません。EAが全然ポジションをとってくれないということもよくある話ですし、EAが意図しない場面でポジションをとってしまうという現象に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。なぜこのようなことが起きてしまうのでしょう。これは、MT4のバックテストのデータが売りの値段となっているからです。バックテストの結果というのは売りの値段で買いそして売っています。これでは正しいシミュレーションとは言えません。バックテストは必ずやっておくべき重要な作業ですが、だからといってバックテストの結果を鵜呑みにするわけにもいかないということを意識しておきましょう。バックテストが終わったら、次にフォワードテストを充分に行い、そのうえで実戦で稼働させるというのが正しい方法となります。すぐにでも自動売買を行いたいという気持ちもあるでしょうが、自動売買で安定した利益を出すためには非常に長い時間をかけなければいけないということです。