フォワードテストは必ず行う

FXの自動売買のためにMT4を利用する場合、EAというMT4に対して命令を出すプログラムを組み込む必要があります。このEAをより良い状態で使うためには最適化やバックテストを行わなければなりません。これは最低限行わなければならない作業で、最適化とバックテストを繰り返し、実戦で使えるようになって初めてその価値が出てくると言えます。実戦で使えるようになって、と書きましたが、実際には最適化とバックテストを行ったから実戦で使えるようになるとは限りません。これらの作業は過去のデータを基にしたものですので、現在の状況に対応出来るかどうかはわからないからです。そこでさらに行いたい作業がデモトレードです。デモトレードなら実際の資金を使うことなくトレードを行うことが出来ますので、実戦前のシミュレーションには最適です。これをフォワードテストと呼びます。例えば、アルパリジャパンのMT4もデモトレードを行うことが可能です。実戦時と同じように稼働させ、どういう結果が出るのかをしっかりと見極めましょう。バックテストと最適化で満足してしまう方がいますが、フォワードテストはより重要な作業です。