レンタルサーバーで自動売買

FXの自動売買のためにMT4を利用する時、問題点になる可能性があるのがパソコンのネットへの常時接続です。FXの自動売買そのものはFX業者のサーバー上で行われることになりますが、そのための命令を出すのは自分のパソコン上にあるMT4です。つまり自動売買中はパソコンの電源を切ることが出来ず、さらにネットに繋いだ状態にしていなければなりません。しかし、常にパソコンを付けておくというのは電気代もかかりますし、音もあります。また、長時間の使用はパソコンの寿命を縮めてしまうことにもなります。そこでオススメしたいのがVPSというレンタルサーバーです。レンタルサーバーにも種類がありますが、MT4を利用する場合にはウィンドウズサーバーを選ぶ必要があります。これはMT4がウィンドウズ系のOSで作動するソフトだからです。リナックスサーバーも多いため、ここは注意しましょう。レンタルサーバーを利用するというのはもう一台パソコンを共有してる状態と思ってください。これならどこにいてもリモート操作でパソコンにアクセスすることが出来るようになるためMT4での自動売買も行いやすくなります。