EAに必要なインジケーターとそのパラメータについて

EAというのは、MT4で自動売買を行う場合には必ず必要になってくるプログラムのことです。EAにも多くの種類があり、単体で自動売買を可能にするものもあれば、インジケーターとセットで使用しなければならないものまであります。一般的にはMT4にあらかじめ搭載されているインジケーターを利用し動かすものが多くなります。このインジケータにはパラメータと呼ばれる数字を設定しなければなりません。パラーメータはインジケーターを動かすためのスイッチのようなものだと考えてもらってもかまいません。インジケーターは複雑な計算を担当しているわけですが、この際に必要な数字を代入してくれるのがパラメータとなります。つまり、インジケーターにはパラメータが欠かせないということになります。一般的なEAにはこのパラメータが設定されている状態のものが多くなりますが、だからといってそのままにしていては安定した利益を出すことは難しいと言えます。自分で最適化をして、パラメータを変える必要があるでしょう。しかし、移動平均線の場合など、パラメータを変更してはいけない場合もありますので、充分に注意しながら設定を行っていきましょう。