バックテストと最適化

FXの自動売買を行う場合、MT4というソフトがよく利用されます。このMT4に売買などの命令を与える役割を持っているのがEAです。EAを単純に組み込むだけでもMT4は自動売買を行ってくれますが、自動売買でしっかりと利益を出したいと考えているのであれば、やはりある程度の準備が必要となってきます。そこで重要になってくるのがEAのバックテストと最適化という作業です。MT4にはストラジーテスターという取引の検証作業を行うことが出来る機能が付いています。取引の結果を過去のチャートを参考に検証するこの作業のことをバックテストと呼びます。この作業を行うことで、使用しているEAで利益を出すことが出来るのかどうかをチェックするというわけです。このバックテストの時、併せてやっておきたいのが最適化という作業になります。最適化はEAではなく、インジケーターの設定を調整する作業で、EAを利用する場合インジケーターも必要になってきますので、その両方を最適な状態にするためにはバックテストと最適化の2つの作業が必要になってきます。こうした作業をきっちりと行っておけば、より最適な環境で自動売買を行うことが出来ます。逆に、こうした作業をせずに自動売買で利益を出すというのは非常に難しくなってしまうでしょう。