MT4におけるインジケーターの役割

MT4で自動売買を行う場合、インジケーターというものが必要になります。インジケーターとはトレードを行う際のテクニカルをよりわかりやすくするためのソフトだと考えてください。テクニカルを画面上に表示する場合、非常に細かい計算をすることになるのですが、この面倒な計算を自動で行ってチャート上に表示してくれるのがインジケーターということになります。MT4には、あらかじめ搭載されているインジケーターもあり、さらに、利用者がそれぞれ追加でインストールするインジケーターのことをカスタムインジケーターと呼んでいます。デフォルトで搭載されているインジケーターでは一般的によく使うとされている移動平均線やボリンジャーバンドなどが表示されるようになっています。この際の色や形状なども自分で好きなように変更することが出来ますので、一番見やすい状態に変更するのが良いでしょう。MT4を利用した自動売買というのは、このインジケーターをいくつか組み合わせ、その情報をもとに売買や決済のタイミングを見計らうことになります。そして、その命令を出すのがEAというわけです。つまり、カスタムインジケーターを必要とするEAを利用する場合には、そのカスタムインジケーターも一緒にインストールしなければいけないということになりますので注意してください。